保育園看護師に強い求人サイトは?

保育園看護師に強い求人サイトは?

現在、看護師の間で人気の職種の1つといわれてるのが、
保育園看護師です。

子育て中のママさん看護師だけでなく、少しのんびり働きたいという形、子供好きの看護師さんにはオススメの働き方です。


保育園看護師として働く前に、保育園看護師の仕事の魅力やデメリットについてしっかりと理解しておきたいですよね。

保育園看護師は魅力が多いですしやりがいのある仕事でもありますが、反面、病院看護師にはない大変さもあります。保育園看護師になろうか考えてる方は、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

また下記では保育園看護師に強い求人サイトをご紹介していますので良かったら参考にしください。

保育園看護師の求人・転職サイト、おすすめランキング

ランキング1位
ナース人材バンク
医療専門の転職支援会社の中でも、最も知名度が高く安定した評価を得ているのがナース人材バンクです。全国各地、あらゆるジャンルの医療系求人を取り揃えておりますので、希望条件にぴったりの求人先が見つかります。今、人気の高い保育園看護師の非公開求人も多数用意していますので、要望が多い方でもご希望に沿った転職が実現できますよ。

ランキング2位
看護のお仕事
最近人気急上昇中の看護師専門求人サイトです。勤務地は全国に点在しているものの、求人数で言うと他サイトと比べて多いほうではありません。しかし、利用者ひとりひとりが納得のいく転職ができるように、利用者目線のアドバイスやサービスを提供し、業界随一とも言われる条件交渉力などスタッフのサポート力が何よりも自慢です。

ランキング3位
ナースパワー
25年という長い月日をかけて実績を積み上げてきた歴史ある看護師専門求人サイトです。これまで培ってきた信用度は大きく、転職先との間に築き上げた信頼感は利用者の転職成功に結びつきやすいというメリットがあります。業界の転職に精通したコンサルタントも在中していますので、とても頼りになります。全国13か所に展開しています。

ランキング4位
ナースではたらこ
求人情報サイトで知られているディップが運営している看護師求人に特化した転職サイトです。豊富な求人数が魅力で、紹介している求人先の所在地は全国津々浦々です。転職が初めてで、不安や疑問が沢山ある方でも気軽に安心して利用できますよ。利用者からの満足度も高く、転職後の手厚いアフターケアも人気の理由です。

ランキング5位
ベネッセMCM
大手企業ベネッセコーポレーションが運営している看護師専門の求人サイトです。高収入・高時給など好待遇な求人、単発のお仕事も豊富で、正社員だけでなく非常勤など様々な働き方に対応しています。元医療従事者のコンサルタントによる転職サポートも好評です。しかし、首都圏がメインですので利用する際は注意が必要です。

保育園看護師に転職するメリットとは?

保育園看護師のメリット1つ目は、拘束時間がそれほど長くないことです。

病院看護師のような残業や夜勤は無いですし、原則として土日は休みなことも多いです。

つまり1ヶ月あたりの勤務時間で言えば、平均的な看護師に較べればだいぶ少ないと言えるでしょう。これが育児中の看護師や、ブランクのあった看護師さんが復職するのにオススメと言われる理由です。


メリットの2つ目は、病棟のような殺人的な忙しさがないことです。例えばオペ室のような一国一城争うような職場であれば、看護師さんの動き1つで患者の命に関わるようなことにもなりかねません。

ですが保育園であれば、そうした切迫感とは無縁です。少なくとも患者が生死の境をさまよう、といった事態は皆無と言っていいでしょう。こうした点から見て保育園看護師は、病院看護師のようなプレッシャーはありません


メリットの3つ目は、残業や夜勤がないわりに給料それなりに良いことです。もちろん勤務先にもよりますが、公立の保育園であれば常勤看護師さんで年収500万行く事は珍しくありません。

通常の病院看護師であれば、夜勤も含めてこの金額ですから、収入面では恵まれてると言えるでしょう。ただし私立保育園の看護師の場合は、勤務先によって給料を大きく変わってきますのでその点はご注意ください。

 保育園看護師に強い求人サイトはコチラ


以上は保育園看護師の魅力やメリットですが、その一方でデメリットも存在します。



保育園看護師に転職するデメリットとは?

1つ目のデメリットは、看護師としてのスキルが身につかないことです。病院に勤務していれば、看護師として様々な看護技術を身につけることができます。

そして病院に長く勤めていれば、その分看護師としての臨床経験のキャリアにもなり、転職もしやすくなります。

その一方で保育園看護師であれば、看護師としてのスキルはあまり身につきませんので、保育園看護師の後に病院勤務に復帰したいと思っても、難しい可能性はあります。


2つ目のデメリットは、病院勤務時代では考えられなかったような雑用が多いことです。先ほどメリットのところで、病院勤務のような殺人的な忙しさはないと書きましたが、それは保育園看護師がラクな仕事であるという意味ではありません。

実際のところ緊急性は無いものの、目の回るようなたくさんの仕事があります。例えば子供の健康管理に始まり、日報書いたり保育園便りを書いたり、果ては保育園内の草むしりまですることがあります。

つまり、保育園看護師という立場を超えて保育士のような立ち回りをさせられることがよくあります。保育園看護師になってからこんなはずじゃなかった、ということがないよう事前に業務内容については確認しておく必要があります。


デメリットの3つ目は、保育士や親御さんとの人間関係で気を使う必要があります。もちろん病院内の人間関係も独特なものがあり、そこよりも厳しいというわけではありませんが、保育園看護師といえど人間関係の面倒さはあります。

保育士さんとの関係の場合、保育士よりも保育園看護師の方が高い給料もらってるため、やっかみを受けることも少なくありません。さらに親御さんとの関係で言えば、モンスターペアレントのような方もおり、対処に苦労することも少なくありません。


デメリットの4つ目は、これもあくまで病院との比較ですが、施設はやや不衛生なことが多く気苦労が絶えないことも多いです。こうした施設の改善を委員長や経営者に要求する方はいますが、実際に受け入れられる事はあまりないのが現状です。


以上は保育園看護師のメリットとデメリットでしたが、それ以外に気を付けるべき点としては保育園看護師になる資格についてです。よくある質問として小児科の経験がなければできないのではないか、と心配される方もいらっしゃいますが、小児科の勤務経験がなくてもなれます

もちろん小児科の経験があった方が多少優遇されるのは間違いありませんが。ただし幼児の応急処置については、独学でも学んでおくのは損にはならないでしょう。

以上は保育園看護師についての説明になります。参考になりましたが幸いです。

 保育園看護師に強い求人サイトはコチラ




copyright 2013 保育園看護師に強い求人サイトは? All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。