イメージ画像

キャッシング即日:キャッシングを比較する必要性

キャッシングを利用する際に特に業者比較をすることもなく気になった業者に対して申し込みをする方も多いようです。 ですが、サービスや金利などは業者によって大きく違います。

そのため、これからキャッシングを利用しようと思っている方はしっかり業者を比較した上でどこから借りるか考えた方がいいでしょう。
キャッシング即日融資!急な出費で当日借りたい方へ

どの業者が自分に一番合っているか考える際には、融資の受けられるスピードや返済方法、完済までにかかる期間などをよく考えておかなければなりません。

その際にも必ず金利は確認しておいたほうがいいです。 即日融資や借りやすさだけを重視してしまうと金利の高いところを選んでしまう可能性があります。

金利が高ければ高いほど完済までに支払わなければならない金額が多くなるわけなので、この点はよく確認しておきましょう。

即日融資を受けるためにもいくつかの条件があります。 特に注意が必要なのは即日融資に対応しているキャッシング業者であれば100%すぐに融資が受けられるわけではないということ。

あくまで「最短で即日融資が可能」となるので、申し込みのタイミングなどによっては融資を受けるまでに時間がかかってしまうこともあります。

申し込みの時間が重要となっており、多くの業者では昼までにインターネットを通して審査の申し込みを済ませておかなければなりません。 また、職場への本人確認などの作業もあるため、会社が休みになることが多い土日では即日融資が受けられないことも多いのです。

何時までに申し込みを済ませれば即日融資が可能かというのは業者によって異なるので、早めに確認しておいた方がいいでしょう。

どうしてもすぐにお金が必要になってしまったものの、数日中に返済ができるということであれば数日間無利息での融資を行っているところを選択してみてはどうでしょうか。

例えば、1週間無利息というところから借り入れを行い、5日後に完済をしたというケースでは利息は発生しないわけなので、デメリットがありません。

キャッシングを利用する際にはこのように各社の特徴を知り、最適なところを選びましょう。

キャッシングの申し込みはどうすればいい?

初めてキャッシング申し込む場合、何から始めたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 昔は申し込み方法が面倒な業者も多かったのですが、近年はとても手軽に申し込みができるようになっています。

また、業者によって申し込み方法は違うものの、複数の方法から選択できるところがほとんどなので自分に合ったものを選択しましょう。

一般的に次のような申し込み方法があります。 まず、従来の方法として挙げられるのが直接窓口に行ったり電話で申し込みをするという方法。

キャッシング業者のスタッフに話を聞きながら申し込みが進められるので安心です。 その一方で、時間を見つけて窓口に行かなければならなかったり、電話をする手間がかかってしまいます。

次に自動契約機を使った申し込み方法もあります。 自動で行うことができるため、担当者と話をする必要はありません。

その場でカードを受け取ることができるのですぐにキャッシングを利用したいという方からも人気があります。 少し時間がかかりますが郵送での申し込みも可能です。

本人確認書類や申し込み書類を記入し、郵送で申し込みをします。 窓口に出向く時間が取れないという方からも人気がありますが、即日融資には対応していません。

近年人気が高まっているのはインターネットを使った申し込み方法です。

パソコンだけでなく、携帯電話やスマートフォンからの申し込みも可能なので、ほとんどの方が選択できるのではないでしょうか。

インターネットを使った申し込みといっても難しい作業は必要なく、申し込み画面の指示に従って住所や勤務先などの情報を入力していくだけです。

また、従来であれば郵送で送らなければならなかった本人確認書類などもメールやFAXで添付することができるので、即日融資にも対応してもらえる業者があります。

利用したい金額が多いものの、初めてのキャッシングで不安という方は窓口でスタッフの話を聞きながらキャッシングについて学んでみてはどうでしょうか。

キャッシングの金利について知る

貸金業者からキャッシングをする際には金利についてよく理解しておきましょう。 金利は数%~20%となっており、どの業者から幾ら借りるのかによって適用される金利が違います。

ただ、貸金業者が自由に金利を設定しているというわけではなく、これには、法律で上限金利が設定されているのです。

もし、その上限金利を超えた金利で貸し付けを行っている業者があった場合、罰せられるだけでなく、貸し付け行為自体が無効となります。

違法な金利を設定しているヤミ金から借りた場合、法律的には返済をしなくてもいいといわれるのはこれが理由です。

金利の上限に関することは利息制限法・出資法という二つの法律によって定められています。 利息制限法で定められている上限金利は15~20%となっており、これを超えて設定されている場合は法律上無効です。

出資法が適用される貸し付けでは上限金利が20%と設定されており、これを超えた貸付を行った際には、10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金が科されることになります。

キャッシングといえば、過払い金の問題が騒がれていますが、これは出資法と利息制限法の上限金利に違いがあったことが大きな理由です。 この仕組みを利用して違法に金利を取っていた業者が多くあり、そこに本来であれば支払うはずのない過払い金というものが存在してしまいました。

ですが、現在では出資法の上限金利が引き下げられたこともあり、グレーゾーン金利は撤廃されたのです。

現在は、まともな貸金業者を選択している限り上限金利以上の金利を取られてしまうことはありません。

ですが、業者によって設定されている金利の幅は全く違うため、事前によく確認した上で申し込みをした方が良いでしょう。 金利と言われても具体的な金額がピンとこないという方も多く、適当に考えてしまうことも珍しくないようです。

ですが、よく聞く「返済してもなかなか元金が減らない。」というトラブルは金利によって引き起こされているものなので、キャッシングを利用する際には金利について正しい知識を持った上で借りることが重要です。

このページの先頭へ